ブログ

ブログを続ける意味

どうも、りょりょです!(ryoryo__0)

 

なんだかんだブログを毎日書き始めて1ヶ月が経ちました、たぶん。(数えてないかーいw)

 

正直、ブログのPV数や収益は全く気にせずに好きなこと好きなように書いてきました。

 

SEOも軽く勉強はしたけど、勉強したってだけでSEOを意識せずに日記とか書いています。

 

このあたりで1ヶ月ブログを書き続けた意味を考えようと思ったので、今日はその話しようとおもう。

 

ブログを続ける意味

ぼくは飽きるのも諦きらめるのも早い。

 

「あと一歩踏み出すんだ!」みたいなところで

 

「いやぁもうがんばったよ、うん。そろそろ撤退でよくない?」と思ってしまう。

 

単純に根性がないっていうのも大きいんやけど、それよりはむしろ「いまここでがんばって意味があるのかな」って考えてしまう。

 

こんなつらい思いをしてまで続ける価値が、この行為にはあるのか? しんどい時間を、もっと楽しいことに使ったほうがええんじゃないか? そこまでしてやらなくてもいいのでは?

 

そう思ってしまうと、もうダメ。がんばる大義を見失ってしまう。

 

「がんばる」には、エンジンが必要。アクセルを踏むだけじゃ前に進めない。

 

もっと根底にある熱意、たとえばそれは夢を叶えること、だれかへの嫉妬、そういう爆発的な感情エネルギーが燃えてないとダメ。

 

そこで「よしがんばるぞ」ってアクセルを踏むことで前に進める。

 

根性なしっていうのは、このアクセルの性能がちょっと弱っちくて、踏んでもなかなか前に進めずすぐ止まっちゃう人のこと。

 

でもぼくは、エンジンの性能がびっくりするほど低い。「がんばる」を成立させるエネルギーがとっても小さい。

 

努力するのであれば、よっぽど自分が楽しめるか、もしくは合理的な理由がないとがんばれない。

 

だって無駄な努力なんて、したくないですよね?

 

そんな考えだと、道にほんの小さな小石があっただけで、「これを乗り越えるためにアクセルを踏み込むべきか。

 

その先に、それ相応の価値のある結果がまっているのか」ってたたずんでしまう。

 

いいから進めばいいのに、そうはならない。結局のところ、楽なほうに逃げたいんだろうなぁ。

 

だって、「努力をしない大義名分」を手に入れて車から降りちゃえば、一番楽やもんね。

 

で、いままさにそんな感じで、毎日ブログを続ける大義名分をさがすようになってしまった。

 

毎朝「なに書こうかな」って考えるのが……。

 

でもここでやめてしまうから、いつもぼくはダメなんやと思う。

 

あと一歩、とりあえず進んでみた先に、なにかあるかもしれないのに。

 

自分の可能性を信じなければ、なにをやってもなにも得られないのに。

おわりに

以上です。

 

というわけで、いまのところ「毎日ちょっと大変やなぁ」と思いつつ、とりあえず仕事を再開するまでは続けるつもりです。

 

今後ともよろしくお願いします!

 

ではではー