ブログ

ブログはもっと自由に書いていいと思うんだ

どうも、りょりょです。

 

ブログを開設して、なんやかんや2週間が経ちました。

 

最初は「見出し」の存在も「アフィリエイト」の存在もわからず、書いていました。

 

ブロガーの方の記事を読む機会も増えてきます。

 

そうすると「ちゃんとしたブログの方がいいんだな」って思いがちなんですけど、個人ブログなんてもっと自由で適当でいいと思うんですね。

個人ブログはだれのためにあるのか

 

個人ブログといってもさまざまです。収益目的に運営している人もいるし、オンライン上の日記っていう位置づけで書いている人もいる。

 

でも「個人ブログでも稼げる」という事実があるからか、やっぱり「やるからには儲けたい」って人も多いと思います。

 

それは全然いいんですけど、そうすると「ブログ有益に使うノウハウ」みたいなのが溢れるんですよ。

 

どうやったら検索で上位に表示されるか? どうやったらそれが収益に結びつくか? どういう文章なら人に読まれるか?みたいな。

 

なんかこう……そういう人たちを否定するつもりはまったくないんですけど、個人ブログなんてもっと自由でいいんじゃない?とも思うんですね。

 

結果的にだれかの役に立てればそれでいい

 

ぼくのブログは、完全に自己満足のためにあります。

 

自分の意見で勇気ずけたいとか、お金を稼ぎたいとか、そういう目的じゃありません。

 

ただ、思いついたことを好きなように書くだけです。

 

それで収益が発生したらうれしいし、「共感しました!」と言っていただけたらもっとうれしい。

 

でもそれはあくまで結果論であって、それが目的ではありません。ぼくのブログは最終的に、りょりょの、りょりょによる、りょりょのためのブログです。

 

ブログには、自分の書きたいものだけを書きたいから。

 

個人ブログはもっと自由でいい

ぼく自身、書きたいことを好きなように書いています。

 

でも、ブログ始めて2週間が経って「見られてる」って意識が少し強くなくなり、ある程度の自制心が働くようになってきたんです。

 

だって、ネットで「ブログ」で検索すると「ノウハウ」「テクニック」「PV」「SEO」…。

 

そしたら、「ちゃんとしたブログにしなきゃ」って思っちゃいますよね。

 

もちろん、多くの人に読んでもらえること、だれかの役に立てることは素晴らしいですよ。

 

でもまぁそれを目的にしなくてもいいわけで。

 

個人ブログなんて一定のマナーさえ守ってればなに書いてもいいと思うんですよね、うん。

 

ちゃんとしたブログもいいけど、ちゃんとしてないブログだっていい。

 

ぼくははその人の人間性がわかるようなブログが好きだし、自分のブログにもそういう記事を書いていきたいなーと改めて思うのでした。

終わりに

以上です。

 

収益に特化してブログを使うんならそれもひとつの方法ですが、基本的に「好きなことを書く」っていうのがブログの楽しみ方だと思うんですね。

 

結果的にだれかの役に立てたらいいし、ブログを収益ツールとして使うことが悪いわけではありません。

 

でもやっぱり、大前提として「好きなことを書いている個人」っていう要素は大事なんじゃないかな?

 

でわ、また!