おすすめ本

自分の人生と向き合う5冊のオススメ本《自己啓発》

どうも、りょりょです!(ryoryo__0)

 

今回は「自分の人生と向き合う」をテーマにしたオススメ本を紹介します。

 

少なくともぼくは、この本たちの影響を受けて、いまを快適に過ごせています。

 

みなさんがこれからの人生と向き合うきっかけになれば嬉しいです。

自分の人生と向き合う5冊のオススメ本

自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと

「真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚悟が必要だ」

快適な人生を送るためのシンプルライフが学べる本。

自己啓発書の類いは自分を奮い立たせるものが多いですが、この本は自分が疲れたとき、日々の生活に違和感を感じた時にこそ読みたい。

やりたいこと、将来につながることをどんどん増やしていきたいなと思える一冊!

嫌われる勇気

「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」

どう頑張っても思考回路がマイナスすぎてどうしようもない場合には、対人関係を改善していくための具体的な方策を提示していくアドラー心理学です。

「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない、という考えのもと、アドラー心理学が分かりやすくまとめられた一冊。

現代の日本にこそ必要な思想なのでおすすめです!

夢をかなえるゾウ

「世の中にとってええことしまくっていかな、あかんのやで」

イメージとしては、色々な啓発本に書いてある内容がぎゅっと濃縮されている小説です。

読みやすいわりに「ほんとそれな」という内容が多いのでお得感がある。

「夢をかなえるゾウ」は一回読んだらそれでおしまいの本ではなく、この本に関しては、二度目に読んだ時の方が新しい発見がある一冊!

チーズはどこへ消えた?

「恐怖を乗り越えれば楽な気持ちになる」

 

世の中には自己啓発本がたくさんありますが、この本が1番シンプルかつ、直接的にメッセージ性を伝えてくれていると思います。

ページ数も少なく1時間もかからないボリュームで読めるのでぜひ!

ゼロ

「一歩を踏み出すことを恐れず、前へ進もう」

ホリエモンの自身の半生とそれによって得た教訓を余すことなく書かれた本。

なにもない「ゼロ」の自分であっても、小さな「イチ」を積み重ねて行くことが、目指す場所へたどり着くための最もシンプルな方法。

明日に向けて戦う勇気が出て来る自己啓発本となっています。

これから「何かをしたい!」と思っている人、そして0から1を積む経験をしたいという人にオススメの一冊です!

おわりに

以上です。

 

この記事では、ぼくが今までの人生のなかで読んでよかったと思うオススメの自己啓発本を5冊紹介しました。

 

自己啓発本は生き方や価値観に対する著者の考えを記した本です。

 

それは、その考え方を熟読し実践していくために読むものではなく、社会にある色々な価値観を知るために読む本だとぼくは思っています。

 

気に入れば実践するもよし、ソッと本を閉じるもよし。

 

気に入った本があれば、読書リストに加えたりメモったりしておいて、どんどん先人たちの知恵を思う存分に借りて快適な人生を過ごしていきましょう!

 

ではではー