ビジネス書・実用書

【書評】『バカでも稼げる「米国株」高配当投資』を読んだ感想【バフェット太郎】

どうも、りょりょです。(ryoryo__0)

先日、バフェット太郎さん著の『バカでも稼げる「米国株」高配当投資』を読みました。

タマ
タマ
株式投資に興味がある…
トラ
トラ
米国株について知りたい…
りょりょ
りょりょ
そんな方におすすめの本が『バカでも稼げる「米国株」高配当投資』です

本記事では、『バカでも稼げる「米国株」高配当投資』の基本情報と感想を書いていきます。

バカでも稼げる「米国株」高配当投資の基本情報

バカでも稼げる「米国株」高配当投資とは?

2018年の春に発売された米国株有名ブロガー バフェット太郎さんの初心者向けの米国株式投資 指南書となります。

著者:バフェット太郎とは?

株式投資をする多くの人から注目されるブロガーです。

日本一アンチの多い米国株ブログ「バフェット太郎の秘密のポートフォリオ」の管理人。

米国株投資をしている方なら知らない人はいないと思います。

米国株ブログ界のカリスマ的存在。

目次

本書の構成はこのようになっています。

  • 序章:庶民がお金持ちになれるたった一つの方法
  • 第1章:本当は死ぬほど簡単な米国株投資
  • 第2章:米国株が最強すぎる理由を挙げたみた
  • 第3章:金が金を生む配当マネー・マシン その作り方
  • 第4章:ど素人投資家への正しい投資の技法




バカでも稼げる「米国株」高配当投資を読んだ感想

積立投資ができる環境を作るってことは大事

確実にお金持ちになりたいなら、投資をどううまくやるかということと同じくらい、積立投資ができる環境を作るってことは大事なんです。

これは、バフェット太郎さんのブログ内の「誰もが月5万円の積立投資ができる方法」に記載されています。

つまり

積立投資が可能な環境つくり ≒ 投資をうまくやる

黒字家計の重要性を説いています。

資産を増やしていく上でこの考え方は大切だと思いました。

なぜ米国株に投資すべきか

バフェット太郎さんは25年以上連続配当している銘柄数を日米で比較しています。

米国では100銘柄以上、日本ではなんと1銘柄だけです。

また、各企業の営業利益率を見ると米国企業ははるかに日本企業を凌駕しています。

日本で超優良銘柄でも同一業種の米国企業と比較すると平均以下であることも多い。

株でもなんでもそうですが、「日本」という枠の中で考えると損することが多いと実感しました。

今では日本のネット証券で米国人と同じように米国株を買えるので、チャンスを逃すことはしたくないと思いました。

バカでも稼げる「米国株」高配当投資はこんな人におすすめ!

  • 株式投資に興味がある人
  • 米国株について知りたい人
  • 投資でもしてみようかなと考えている人

こんな方に読んでほしい一冊です。

おわりに

とにかく米国株を知らない人でもとっつきやすい本。

今すぐ投資をするつもりがなくても読み物として非常にわかりやすく、面白いので読んで損はないです。

ぼくの投資人生はここから始まった、という点で大変お世話になった一冊になりました。

皆さんもぜひ読んでみてはいかがでしょうか?