セミリタイア・節約

快適な生活からより良い人生へ

快適な生活からより良い人生へ

どうも、りょりょです。(ryoryo__0)

最近、良い人生について考えることが結構ある。

色々考えるのですが、一番興味があるテーマが「良い人生の基準は何か?」です。

この基準は人によって様々だと思います。

ということで今回の記事では「より良い人生」についてぼくの考えを書いていこうと思います!

快適な生活からより良い人生へ

快適な生活

自分が一番ピンチに陥ったときに普段ダラダラと暮らしているぼくですけど、意外と?やることはちゃんとやっています。

まあ大したことではないのですが、快適に暮らすために必要はことはやる感じです。

やってることは例えばこんなこと

  • 掃除をする
  • 洗濯をする
  • ご飯を作る
  • ゴミを出す
  • 買い物をする
  • テニスをやる
  • ブログを書く

などなど…一つひとつは大したことないし、毎日やってる訳でもありません。

やろうと思えば誰でも出来ると思います。

ただしコレって生活環境が結構影響していて、ぼくの場合無職で時間がたくさんあるとか

ワンルームの一人暮らしだからとか色んな影響があって出来ている。

やろうと思えば「その時は」誰でも出来ても、続けることは誰でも出来る訳ではないとも思う。

それでもこういったことを運よく続けられて、実際にやってみて思うのは「本当に快適だな」ということ。

埃っぽくないから空気もきれいだし、毎日清潔に暮らせている実感がある。

テニスやブログは趣味も兼ねているけど、生活の質を上げている実感がある。

ちょっと面倒に思うこともあるけど、それでも快適な生活のためにやる価値はある。

こういった生活をちょっと良くするためにやってることが、やがて「人生をより良くすること」に繋がるんじゃないかなーと。

大げさかもしれないけど、こういったことの積み重ねが人生をより良くする基礎を築くのだと思う。

初めは小さな一歩でいい。

良くするために行動し続けることが重要で、続けていけばいつか理想へ辿り着くはず。

おわりに

おわりに

無職に向いている人って時間つぶしが上手い人だと思うんですよね。

特に周りから与えられるのではなく、自分でやりたいことを見つけることが出来る。

逆にそれが出来ず時間を持て余し、時間があることが苦痛な人は無職に向いていない。

仕事を辞めて失敗だったという人は大体こんな感じで、だったら素直に再就職すればと思います。

そういえば時間を潰すスキルも大切ですね。

幸いなことにぼくにこのスキルがあるようで、無職の適性があるようでホッとしています。

ではではー