日々のこと

ハードルを下げておくこと

やる気が出ない。何もしたくない。

 

りょりょです。

 

今日は適当に書きます。

 

これから何書くかもあんまり決めてないです。いえーい。

「書けない日」に向けて

散歩をしていると、書きたいネタはどんどん出てくる。

 

本の感想、「札幌」についての話、美味しかった料理…etc

 

この辺りの話であれば、それなりに時間があれば書けると思います。多分。

 

でもいつか書きたいネタが出てこなくなってしまった時、僕はどうするのかなって思って。

 

多分、しばらくは無理やりネタを絞り出すと思うんですよ。出るところまで出す。

 

でももう本当に出なくなった時に、僕はブログを嫌いになっちゃうんじゃないかなって。

 

本当に出なくなった時は、多分ハードルを下げて書くんだと思います。

 

『もう僕は書くことがない』みたいなタイトルの記事を書くかもしれない。

 

まあそれも悪くないと思うんですけど、その前にこっちでハードルを下げといてやろうかなって。

 

「始めること」について、自分の中でハードルを上げすぎない方が良い。

 

いつか「始めること」が億劫になってしまうから。

 

同じように「書くこと」についても、ハードルは上げすぎない方が良いのだと思います。

 

「書くこと」へのハードルを上げることで、いつか「書くこと」が億劫になってしまう。

 

本当に重要なのは、多分「続けること」です。

 

だからここらで一回、ハードルを下げておきます。

 

何事もやってみないとわからない

 

「始めること」に対するモチベーションは上がりやすい。

 

かっこいいブログをつくって、運営して数万PVくらいいく、妄想は膨らみます。

 

でもそれが向いているかどうか、好きかどうかは、やってみないとわかりません

 

実際やってみたら、全然面白くないかもしれない。このブログだって、これが最後の更新になるかもしれません。

 

なるべく継続したい。

 

向いていないことをいやいや続けるのはひたすらに苦痛。

 

やめたくなったらすぐにやめてしまって、もっと向いていることを探した方がいい。

 

だからこそ、「始めること」に重きを置かない方がいいのだと思います。

 

「とりあえず書くか」くらいの気持ちで始めるのが、ちょうどいいのです。

終わりに

以上です。

 

今日ブログを公開することを決めていたけど、あまり書きたい気分ではなかったので、「書けないことを正当化できそうなブログ」を書きました。

 

またきてね!