おすすめ本

【面白いギャグ漫画】爆笑必至な漫画おすすめ3選をご紹介!

爆笑必至な漫画

どうも、りょりょです(ryoryo__0)

何かとストレスがたまる現代社会。

すべてを忘れるために思いっきり笑い飛ばしたい!

今回は、そんな方におすすめする爆笑必至のギャグ漫画を紹介します!

爆笑必至な漫画おすすめ3選

「斉木楠雄のΨ難」(連載終了)

お前の力でこれ ステーキに変えてくれよ

彼の名前は斉木楠雄、超能力者である。誰もが羨む才能も、本人にとっては災難を呼ぶ不幸の元凶。故に人前では力を封印、目立たず人と関わらずを心掛けてきた斉木だったが、何故かワケあり同級生が急接近!?

参照:http://jumpmatome2ch.biz/archives/57402

超能力者である斉木楠雄が「超能力者なんて、何もいいことがない」という視点から「超能力者であることの弊害や葛藤」を語るところから物語は始まって、ハッキリ言って一気に引き込まれます。

楠雄自身のキャラというより、楠雄を取り巻くキャラたちがめちゃくちゃ面白いです!
楠雄はツッコミ側になってます!

深く考えず、とにかく笑いたい!
そんなときにおすすめの作品です!

 

坂本ですが?(連載終了)

秘技。反復横跳び(レペテイションサイドステップ)。

この物語は、とあるクール、いや、クーレストな高校生・坂本の学園生活を綴ったものである――。入学早々、クラスの、いや学校中の注目を集める一人の生徒がいた。その名は坂本(さかもと)。彼にかかれば、ただの反復横跳びは、秘技「レペティションサイドステップ」へと変貌し、上級生からの「パシリ」は、「おもてなし」へとクラスチェンジする。そんな彼のクールな一挙手一投足から、目が離せない。

 

「坂本ですが?」は女性の作者が描くクールな主人公との行動とのギャップが魅力のギャグ漫画です。

いじめられることも、まぬけなことも、すべて「クール」なものへと変えてしまう。
とにかく想像の斜め上を行く発想で、笑わされまくります!

一度この「坂本」のキャラクターを見てしまうと、もう目が離せません!
体験していただきたい!

ボヤを反復横跳びで消火しようとしたり、重力を無視して壁を高速移動したりするので、ナンセンスなギャグ漫画そのものに抵抗がある人にはお薦めできませんが、気分転換の一冊を求めている人におすすめです!

 

ぐらんぶる(連載中)

着ているものを脱いでくれ

海が近くにある大学への進学を機に、おじが経営するダイビングショップ「グランブルー」に居候することになった北原伊織。そこで出会ったのはとびきりの美女、そして酒とスキューバダイビングと裸を愛する屈強な男たちだった。

 

泳げないのにダイビングサークルに入部した(させられた)主人公の日常を描く本格ギャグラブコメ漫画。

学生時代の体育会系的なノリがふんだんに盛り込まれていて、当事者になったらって考えるとアレですけど読んでいる分にはメチャクチャ面白いです。

主人公のツッコミも鋭く、登場人物たちも実に良いキャラをしているので、読んでいて全く飽きません。何回読んでも面白いってすごい。とにかく男性ウケがめちゃくちゃ良さそうな一作。

登場する女の子も可愛いので、リア充に憧れている人なら本当に眩しいくらいの作品だと思います。リア充に対する引け目を感じる人にとっても嫌味じゃない笑いなので、誰が読んでも楽しめると思います。

ただ、この漫画に入れ込みすぎると、大学時代を思い出していろんな意味で死にたくなるので、注意が必要。

おわりに

以上です。

ギャグ漫画というジャンルは、なかなか漫画のジャンルの中では注目を浴びにくいジャンルだと思います。

それゆえに「読んでみたら面白かった!」という宝の山だと思うんです。

ちょっと落ち込んでしまったときの『お助けアイテム』として、気になる作品があれば是非読んでみてください!

ではではー