漫画

【あらすじ】「町田くんの世界」読んだ感想。そのメガネで見ている優しい世界を見てみたい【漫画】

町田くんの世界

どうも、りょりょです。(ryoryo__0)

「町田くんの世界」全7巻を読み終えました。

タマ
タマ
人に優しくなりたい…
トラ
トラ
荒んだ心を浄化したい…
りょりょ
りょりょ
そんな方におすすめしたい漫画がこちらの「町田くんの世界」
本記事では「町田くんの世界」のあらすじと感想を書いていきます。

『町田くんの世界』あらすじ

物静かでメガネ。そんな外見とは裏腹に成績は中の下。

アナログ人間で不器用。なのに運動神経は見た目どおりの町田くん。

得意なことが何もないと本人は思っていますが周りからは愛されています。

町田くんはメガネをかけてはいますが勉強はできず、要領がいい訳でも、運動が得意な訳でも、家事をテキパキとこなせる訳でもありません。

そんな町田くんですが、一つだけ、自分でも気づいていない良いところがある。
それは”誰よりも優しく、人を愛し、そして愛される存在”だということ。

『町田くんの世界』は、この町田くんの”優しさ”にスポットを当てた漫画です。

ちなみに映画化もされている本作ですので、そちらではどんな町田くんが見られるのかも楽しみです!

『町田くんの世界』の魅力!

町田くんの優しさ

町田くんはとにかく優しい。

このマンガの良いところは、町田くんのそういった優しさが見られる場面で過剰演出が無いというところだとぼくは思ってる。

例えば…

  • ポスターを貼ろうとして背伸びしている女の子に代わって自分が貼ってあげる
  • 重い荷物を背負ったお婆さんをおんぶしてあげる
  • ボールをぶつけてきた相手怒りもせず、レギュラー入りを褒めてあげる

昨今の日本では見て見ぬフリをする者が多いが、そういった現代だからこそ、町田くんのような存在に優しさを感じてしまう。

やられたらやり返すではなく、町田くんは他者の良いところをちゃんと見ていてそれを褒めてあげる。

そしてそれを恥ずかし気もなく相手に伝えられる素直な少年です。

町田くんの見ている世界は、そんな優しさで満ち溢れた世界

町田くんの恋愛模様…?

多くの人に愛されている町田くんですが、町田くんを毛嫌いしている女の子もいます。
彼女は猪原さんといい、中学時代に虐められていた経験から人嫌いになっていた。

自分とは対照的な存在である猪原さんに興味も持ち始める町田くん。
それには理由があり、彼女は人に優しいと分かっていたから。

町田くんが怪我をしたとき、自分のハンカチを差し出してまで応急処置をしてくれた猪原さんが人嫌いな訳がないと、彼女を気に掛けるようになる。

そんな時ナンパ男が猪原さんに近づいてくるのだが、ここでも町田くんが恥ずかし気もなく取る行動に優しさを感じずにはいられない。

少しづつですが、人嫌いの猪原さんと、恋ってものが何なのかよく分かっていない町田くんが、お互いを意識し合い初めてきたので恋愛面も面白くなっていきます。




おわりに


以上が『町田くんの世界』の感想です!

「優しさ」って簡単なようで難しいですよね。

相手が優しさを出して来たらこちらも優しくしたいと思えるけど、相手が悪さをしてきたのに優しさで返すって町田くんみたいにはなかなかできることじゃない。

それがたとえわざとじゃなくても、町田くんのような優しさで返すのはぼくにはできる気がしない。

「人は他者の良いところより悪いところの方が目に止まりやすい」と昔何かで聞いたけど、本当にその通りだと思う。

素直に見習いたいと思った、この優しさは…

ではではー