ミニマリスト

月6万円で生活しているミニマリストの生活費公開【生活費を節約する方法】

どうも、りょりょです。(ryoryo__0)

ぼくは毎月の生活費6万円前後で暮らしているミニマリストです。

ミニマリストの最大のメリットは、生活コストが圧倒的に低くなること。

なぜならば、生活に不要なものはトコトン処分することで、生活にかかるお金が、普通の人よりもお金のかからない生活をすることができるからです。

当記事では、月6万円で生活しているミニマリストの生活費、生活費を抑える方法ついてまとめて紹介します!

月6万円で生活しているミニマリストの生活費公開

詳細の内訳は以下のとおりです。

1ヶ月生活費

  • 家賃 25,000円
  • 電気代 2,000円
  • 水道代 2,100円
  • ガス代 3,000円
  • 通信費 5,500円
  • 食費 15,000円
  • 書籍代 3.000円
  • 交際費 5,000円

合計:61,600円

ミニマリストとお金にまつわる話をするには、ミニマムライフコストという考え方を避けては通れません。

ミニマムライフコストとは、自分や家族が健康的に生活するために最低限必要なお金のこと。

 

これを踏まえて、自分の生活費について見つめ直してみましょう。

ミニマムライフコストとは?「お金がないと不安」を解消しよう!ミニマムライフコストとは、生活するのに必要な最低限のお金のことです。ミニマムライフ コストを知ることで、一ヶ月にどれくらい稼げばいいかがわかり、「お金がないと不安」という気持ちを解消することができます。ミニマムライフコストを計算して、「お金がないと不安」という漠然とした不安を取り払ってしまいましょう。...

 

では、それぞれの生活費を公開していきます。

家賃

月25,000円。

札幌市内に住んでいながら、家賃がかなり低く抑えられていることはかなり大きいです。

ちなみに、いま住んでいる物件の詳細は以下の通りです。

  • 築25年
  • ロフト付き1DK
  • 駅徒歩8分
  • バストイレ別


築25年なので、外観はボロさを少し感じますが、部屋の内装は気に入っています。

電気代

月2,000円

札幌で住んでいるので夏や冬はエアコンを使わないため、電気代は1年通して2,000円前後で収まっています。

水道代

月2,100円

毎月の変動も特になく、あまり気にしたことはありません。一人暮らしの水道代は2,000円前後くらいに収まると思います。

ガス代

月3,000円

都市ガスのため恵まれています。朝でもほぼ毎日シャワーを浴びるのと、毎日自炊をしているのでガス代はけっこうな料金になります。

冬の季節は暖房を使うので、1,000〜2,000円ほど値段が上がります。

通信費

通信費は5,500円でほぼ固定です。

固定回線に3,800円、格安SIMに1,700円です。

スマホはUQモバイルのデータ高速+音声(3G)を契約しています。

食費

月15,000円。

実家が農家で2ヶ月おきに食料を送ってくれるので、お米と野菜には困りません。

さらに、基本的に1日2食で生活しているので、1日500円の計算で生活できています。

ただ、一応栄養士なので、食費を抑えながらきっちりと栄養を摂取することを心がけています。

書籍代

基本的にビジネス書や実用書は、図書館やアマゾンプライムリーディングを使って無料で本を読んでいます。

ただ、小説は紙の本で読みたいというこだわりがあるので書店で文庫本を買ったり、BOOK OFFなどで中古の本を買うのに月3,000前後使っています。

趣味として読書をするメリット10選【読書習慣をつけるコツ】本を読んだことがない。また、趣味として読書を始めようとおもうのだけど、なんとなく気がすすまない。そこで今回は趣味として読書を始めたい方に向けて、読書家である僕が読書をするメリットを紹介していきたいと思います!...

交際費

月5,000円

基本的にはテニスコート代です。週に1度は札幌市内のサークルの練習に参加しているので3,000円くらいはかかっています。

残りの2,000円はサークル仲間との外食費に使っています。




生活費を節約する方法

生活費を節約する方法は以下の通りです。

  • 大手キャリアから格安スマホに変更
  • 食費を減らす

 

大手キャリアから格安スマホに変更

 

生活費抑えたいと考えている皆さん、格安スマホを利用していますか?

かなり金額的に安く、大手キャリアから乗り換える人が増えています。

僕は大手キャリアからUQモバイルに変更しました。

UQモバイルのプラン例

データ高速+月間3GBの通信料

上記の条件で1,680円/月

自宅にネット回線があれば3GBでも十分でしょう。

ミニマルライフを志向する上で、無駄な出費は避けなければいけません。

面倒だからと見逃さず、これを機会にしっかりと支出を見直しましょう。

食費を減らす

 

食費を切り詰めるコツは、生鮮食品は諦める。

とはいえ、毎日、冷凍食品をチンして食べろとは言いません。

生鮮食品を使わないと聞くと、あまりいい気持ちはしないかもしれません。

では、どんな食材を揃えればいいでしょうか?

  • 野菜(より健康な食事をしたいなら、濃い色の野菜を揃えてください)
  • 豆類(豆は安価で調理も簡単、おまけにおいしくて健康的です)
  • 鶏肉や魚

こうした食材を使いこなせば、健康的でバラエティに富んだ食事を自炊できます。

豆、野菜、肉(豆腐)、少量のオリーブオイル、塩があれば、わずか数百円でおいしい炒めものが作れます。

少ない食材をシンプルに調理するだけ、ややこしいレシピと格闘する必要もありません。

最初は物足りなく感じるかもしれませんが、冷凍と缶詰の食材だけでどれほど素晴らしい料理ができるかを知って、きっと驚くと思います。

これ以上に安く手軽に作れて健康的な食事はありません。

下記の記事に自炊を続けられるコツを書いているのでよければご覧ください。

男性栄養士が教える、簡単で続けられる自炊のコツ3選この記事は料理が苦手だなと思っている方に向けて書きました。ぼくが料理を続けてきた末にたどり着いた「簡単で続けられる自炊のコツ」を紹介していきたいと思います!...

終わりに

以上です。

月6万で暮らすミニマリストの1ヶ月の生活費の内訳と生活費を抑える方法を紹介しました。

札幌という都市の家賃の安さに恵まれている部分もあれば、生活のなかで無駄なコストは徹底的に削っています。

それでいて、人生の楽しみである読書やテニスをして過ごし、その他のお金をできるだけ使わずに楽しむ。

ほんの少し意識を変えるだけでも大きな効果が出るので、ぜひ自分の生活費を見直してみる時間をつくってみてください!

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!