ビジネス書・実用書

【書評】『逃げる力』の感想|日本人には「逃げる力」が足りない!【百田尚樹】

逃げる力 百田尚樹

どうも、りょりょです。(ryoryo__0)

百田尚樹さん著「逃げる力」を読みました。

タマ
タマ
職場の人間関係に悩んでいる
トラ
トラ
今すぐにでも会社から逃げ出したい…
りょりょ
りょりょ
そんな方におすすめしたい本が「逃げる力」です

本記事では「逃げる力」の基本情報と感想を書いていきます。

「逃げる力」基本情報

本

「逃げる力とは?

『永遠の0』や『海賊と呼ばれた男』などで知られる人気作家の著者が、人生で大切な「逃げる力」について分かりやすく語っている本。

本当に大切なものを守るために、戦っても勝ち目がない、戦っても得るものがないと判断したら、さっさと逃げるべきである。

だからまず、自分にとって本当に大切なものは何か、しっかり見定めなければならない、百田尚樹が人生についての根本的な考え方を語る一冊です。

その他の著書として

「影法師」

 

「フォルトゥナの瞳」

などがあります。

著者:百田尚樹とは?

日本の放送作家であり、小説家です。

1956年に大阪府大阪市東淀川区で生まれで、同志社大学法学部を五年目で中退しています。

大学在学中に『ラブアタック!』に出演、その後で放送作家となり、『探偵!ナイトスクープ』のチーフライターを25年以上務めています。

百田尚樹さんの作家としてのデビュー作は2006年に発表した『永遠の0』で、文庫本が300万部を突破するほどの大ヒットとなりました。

自宅の仕事部屋や書庫は資料などが詰め込まれて足の踏み場もない状況のようで、家族も数年に渡って足を踏み入れたことがなかったとのことです。

目次

  • 第1章 積極的逃走のすすめ
  • 第2章 人生の勝利者は「逃げる達人」
  • 第3章 会社や仕事から逃げる
  • 第4章 人間関係から逃げる
  • 第5章 逃げてはいけないとき
  • 第6章 突発的危機から逃げる
  • 第7章 国の危機から逃れる
  • 第8章 守るべきものがあれば、逃げられる




「逃げる力」を読んだ感想

「逃げる力」感想

逃げるは恥でないし役に立つ

著者は人間だけではなく、アフリカの草原で生き抜いているトムソンガゼルという野生の動物の例も紹介しています。

効率的に逃げる方法、生きのびる可能性が高い方法を身につけているそうです。

トムソンガゼルにとって逃げることは恥ではないでしょう。

生きるための必須の行動です。

人間もそう考えるべきだと思います。

ここで逃げたら知り合いや友人、家族はどう思うだろうなどと気にする必要はなく、効率よく生きるために逃げることが必要。

失敗を最小限に抑える

人生挑戦すれば失敗はつきものです。

そこで大切なのは、失敗そのものを恐れるのではなく、失敗したときのダメージを最小限に抑えること。

何かに挑戦し失敗が分かった時点で即座に損切りをする。

そして、次に挑戦するための精神的な力を確保しておく。

こうすることで、

挑戦→失敗ではなく

挑戦→成功になります。

人生にも捨てゲームを持つ

多忙から逃れるためには、何でもかんでも全力投球していないかどうか、チェックすることも大切です。言い方を変えれば、手を抜ける仕事はどんどん手を抜くのです。

人生はなんでもかんでも全力投球してはいけない。

ときに、「この戦いは捨てていい」という余裕を持つこと

大切なのは本当に大切な戦いで勝つこと。

そこに全力投球すればいい。

何事も全力投球していると、いつかバテる。

そうならないために、捨ててよい戦いは遠慮なく捨てることが大切だと感じました。

「逃げる力」はこんな人におすすめ!

  • 今すぐにでも会社から逃げ出したい人
  • 職場の人間関係に悩んでいる人
  • 逃げることにうしろめたさがある人
  • ストレスを安心して捨て去りたい人
  • 人生のレールから外れることが不安な人

そんな方に読んでほしい一冊です。

「逃げる力」でつまらないストレスを手放そう

「逃げる力」 ストレスを手放す

世の中のビジネス書の多くは勝つこと、信念を持って粘り強く努力することの大切さが説かれている本が多いです。

そんな中、「無理なら無理で逃げなさい」という本書の提言はとても合理的だと思いました。

「無理なものは無理」と自分で判断すること、そしてある意味根性のなさは、実はとても大切なことで、失敗して深手を負わないこと。

つまり、失敗して深手を負わず、いつでも再起できる自分でいることこそ、長い人生において一番大切なことのような気がしました。

だからこそ必要なのは「逃げる力」

頑張りすぎないために、そして無理しすぎないために、「逃げる力」を大切にしたいです。

無理なものからは逃げる。そして冷静になる。これが今の時代もの凄く重要なことだと思いました。

長いようで短い「人生」です。

自分の「生き方」について、深く考えることも必要ですね。

ではではー