ビジネス書・実用書

【書評】『アウトプット大全』の感想|学びを結果に変える【樺沢紫苑】

アウトプット大全

どうも、りょりょです。(ryoryo__0)

樺沢紫苑さん著の「アウトプット大全」読みました。

タマ
タマ
自分の意見をうまく伝えたい…
トラ
トラ
勉強や仕事でもっと良い成果を出したい…
りょりょ
りょりょ
そんな方におすすめしたい本が「アウトプット大全」です

本記事では「アウトプット大全」の基本情報と感想を書いていきます。

「アウトプット大全」の基本情報

アウトプット大全 基本情報

アウトプット大全とは?

この本には著者がまとめた80のアウトプットのTipsと、7つのトレーニングがまとめられています。

著者である精神科医の樺沢紫苑氏は実際に以下の圧倒的なアウトプットを継続しているとのこと。

  • メルマガ 毎日発行 13年
  • Facebook 毎日更新 8年
  • YouTube 毎日更新 5年
  • 毎日3時間以上の執筆 11年
  • 年2~3冊の出版 10年連続
  • 新作セミナー 毎月2回以上 9年連続

そしてアウトプットだけでなく、月20冊以上の読書、週4~5回のジム通い、年30日以上の海外旅行などなども行なわれているらしく、インプット・アウトプットともに相当な量。

この著者がどうやってこの量のアウトプットを出しているか?そのコツを80のTipsとして紹介しているのが「アウトプット大全」です。

目次

この本の構成はこのようになっています。

  • 第1章 アウトプットの基本法則
  • 第2章 科学に裏付けられた、伝わる話し方
  • 第3章 能力を最大限に引き出す書き方
  • 第4章 圧倒的に結果を出す人の行動力
  • 第5章 アウトプット力を高める7つのトレーニング法




「アウトプット大全」を読んだ感想

アウトプット大全 感想

「現実」はアウトプットでしか変わらない

本著の本質的な部分である、アウトプットの重要性を最も分かり易く説明している項目です。

インプットとは「読む」「聞く」のことを指し、「話す」「行動する」がアウトプットであるとされています。

インプットすると、脳の中の情報や知識が増えます。しかし、インプットだけでは、現実的な変化は何ひとつ起きません。

どんなに素晴らしい本を読んでわかった気になっても、そこで得た経験を基に実際に行動を起こさなければ、意味がありません。現実世界では何も変わらない

学びを結果に変えるためには、必ずアウトプットという具体的な行動が必要なのだと思いました。

アウトプット主体に切り替える

・月10冊本を読みアウトプットしない人
・月3冊本を読み3冊アウトプットする人
成長するのは後者。インプットしてもアウトプットしない限り記憶は定着しない。

この「アウトプットがないと無駄」という記載が本のかなり序盤に出てきます。

頭では理解していたつもりだけど、改めて言われると結構グサッとくる内容。

自分の現状が「インプット:アウトプット=8:2」くらいなのでかなり反省。

今後アウトプット主体に切り替えていこうと思いました。

「質問する」も大事なアウトプット

興味深かったアプローチは他人にではなく、「自分に質問する」方法。

そうすることで脳が活性化し、必要な情報を集めてきてくれるそうです。

それを応用した方法が、インプットする前にその目的や狙いが何なのか?を自分に質問して学びの効率をアップさせる。

情報を受け取るだけではなく、自分自身に質問することも大切なんだと思いました。

 

「アウトプット大全」はこんな人におすすめ!

  • 自分自身をさらに高めたい人
  • 自分の意見をうまく伝えたい人
  • アウトプットの習慣を身に付けたい人
  • 腰が重くて動けないなど躊躇している人
  • 勉強や仕事でもっと良い成果を出したい人

こんな方に読んで欲しい一冊です。

おわりに

おわりに

いかがだったでしょうか?

世の中の大半はインプット過多になっている人が多すぎる気がします。

数多くの本を読んでいても記憶に残っていない、実際のビジネスの現場で活かせていない、と感じている多くの方におすすめできる一冊です!

この記事を読んで、アウトプットの重要性、人生すらも変える力があることについて少しでも伝わったら幸いです。

ではではー