セミリタイア・節約

一人暮らしで無職生活を続けるなら節約しよう

無職生活を続けるなら節約をしよう

どうも、りょりょです。(ryoryo__0)

無職を続ける上で非常に重要になるのが

「いかに支出を抑えるか」です。

無職だろうが生きていくうえで支出は避けられませんが、これをできるだけ抑えることができればその分長く無職を続けることができます。

では具体的にどの支出を減らすか?

まず減らすべきは「人生の5大支出」です。

ということで今回の記事では一人暮らしで無職生活を続ける方法について書いていきます!

一人暮らしで無職生活を続けるには?

一人暮らしで無職生活を続けるには

まずは大きい節約をする。

支出を減らすとなると光熱費を削るだとか中古屋を活用するだと言われますが、ハッキリ言ってこれらの節約は効果が薄いと思っています。

なぜなら元々の額が大して高くないから。

光熱費を月6,000円から5,000円に減らせたとしても、その効果は月1,000円に過ぎません。

もちろんこういった節約も大切ですけど、それよりももっと効果の大きな節約をすることが大切です。




人生の5大支出

人生5大支出

 

大きな節約とは人生の5大支出を減らすことです。

人生の5大支出とは以下の5つのこと。

 

  1. 住宅
  2. 老後
  3. 教育
  4. 保険

これらは総額で1億~2億円掛かると言われています。

光熱費をチマチマ削るよりもこれら5つの支出を減らしたほうが効果は大きいし、一度減らしてしまえばあとはほったらかしで節約できます。

教育・車・保険はほぼ要らない

ぼくはこの5つのうち教育・車・保険にはほとんどお金を払っていません。

子供がいない独身なので教育費は掛からないし、札幌市内に住んでいるので車は持っていません。

保険は国民健康保険だけです。

もちろん病気になったときのためにある程度の貯金はしていますが、それさえあればこの3つはほぼ要らないと言えるでしょう。(あくまで独身の場合です

住む家は賃貸で十分

また、家を買う気は全くありません。

「持ち家は一度買えばずっと住めるから老後は安心」

などと言う人も居ますが、修繕費や環境の変化、地震により住めなくなる可能性を考えると住環境を変えやすい賃貸の方が良いと考えています。

また住宅ローンがあると

「働くのが辛いが住宅のローンを返さないといけない…」

など無理して働き続けなければいけないデメリットもあるので、ぼくには合っていないと思っています。

ちなみに「老後は賃貸を借りづらい」という話しもありますが、2030年には空家率が30%を超えると言われています。

現状を考えれば、今より借りやすくなることはあっても借りづらくなることは無いと考えているのであまり住宅の心配はしていません。

老後に必要な額は生活費次第

最後に残る老後の費用ですが、これは人それぞれとしか言いようがありません。

ちなみに、ぼくは今月から積立NISAで資産形成を始めました。

老後とまではいきませんが、将来に備えて積立投資をしていく予定です。

また、「老後の生活費は最低22万円、余裕がほしければ38万円必要」

などと言われますが、中には夫婦で月20万円の年金でお気楽に暮らしている人たちもいます。

老後に必要なお金はそれぞれの生活費によって変わるものですよね。

おわりに

おわりに
タマ
タマ
失業保険をもらい終わったら働きなさいよ!
りょりょ
りょりょ
は〜い。
トラ
トラ
で、りょりょは普段は何して過ごしてんの?
りょりょ
りょりょ
いまは海外ドラマを一日中観てんで〜
トラ
トラ
こりゃダメやわw
タマ
タマ
またきてね!